カードローン審査の項目について


カードローンの審査に通るためには色々な項目がありますが、主に審査の基準とされる項目を紹介します。

  • 年齢
    ほとんどのカードローンでは20歳以上70歳未満と決められています。
    高齢すぎると返済期間に影響をあたえてしまうことで、年齢制限されています。
  • 年収
    年収が最低200万円以下の方は、年収が高い人に比べると審査に落ちやすい可能性があります。
  • 職業
    きちんと職に就いていれば問題なしです。基本的に毎月安定した収入があることが条件になっています。
  • 勤続年数
    最低でも半年~1年以上。長ければ長いほど審査を通過するのに有利になります。
  • 家族構成
    配偶者がいたり、独身の方の場合ですと親と同居していれば、もしもの場合代わりに支払いができる状態なので審査を通過するのに有利です。
  • 住居
    賃貸暮らしの方は持家(戸建て・分譲マンション)にお住いの方と比べると、審査に落ちやすくなってしまいます。
  • 他社からの借入状況
    他社からの借り入れが多い方は審査に落ちやすくなります。
  • 過去の返済履歴
    トラブルや返済の遅延など繰り返している方は、ほぼ審査に落ちてしまいます。

 

これらの審査基準と項目が条件となりますので、満たせれない場合はカードローンの利用は不可能になります。
 

申し込みに必要なもの


そして申し込みの際に必要とされる本人確認書(運転免許証・パスポート・健康保険証・住民票・在留カード・住民票・印鑑証明書・特別永住者証明書・住民基本台帳カード)
場合によっては収入証明書も必要とされるので、
源泉微収票・給与明細書・課税証明書・住民税決定通知書などこれらの1点を提出することが条件となります。

あわせて読みたい