即日融資対応で当日お金が借りられるカードローン会社は存在する?

お金が必要になった際に、銀行の定期預金や外貨預金、有価証券や貴金属などで十分な資産を保有しているような場合であっても、すぐに払い戻して現金を用意することが難しいケースがあります。

例えば休日に突然お金が必要になった場合でも、翌営業日まで銀行の定期預金を解約することができません。
また株などの有価証券や貴金属を換金する場合は、数日程度の期間を必要とします。

 

夜間や休日にお金が必要になった時

夜間や休日などに急にお金が必要になった場合には、消費者金融の即日融資サービスを利用してカードローンからお金を借りることができます。

一般の銀行や信用金庫、証券会社は土日や祝祭日などの休業日には取引ができないので、現金を用意することができません。

これに対して、大手消費者金融は平日・休日ともに即日で審査を行うため、その日のうちにカードローンでお金が借りられるサービスを実施しています。
 

消費者金融でお金を借りる

テレビCMなどで有名な大手消費者金融であれば各社とも、平日・休日に即日融資のサービスが利用できます。

消費者金融で即日融資のサービスを利用する場合には、平日であれば指定した本人名義の普通預金口座への振込融資が可能です。

お申し込み完了後最短1分程度で、お客さま名義の金融機関口座へ振込を行います。
引用:振込によるお借入について【公式サイト】カードローン・キャッシングならアコム

また休日や夜間であれば、無人契約機で受け取ったローンカードでATMから現金を借り入れることができます。
 

平日に即日融資をしたい

平日に指定した銀行口座への振込キャッシングを利用するためには、遅くとも午後2時までに必要な手続きを完了する必要があります。

そのためには午前中に仮審査の申し込みを済ませておき、昼頃までに契約手続きを済ませるようにします。
 

土日や祝日、夜間に即日融資をしたい

土日や祝日、また銀行の取引時間外の夜間にお金を借りたい場合もあるでしょう。

その際は、消費者金融の公式サイトからWeb申し込みで必要な書類の画像ファイルをアップして提出しておき、審査に通過したら近くの無人契約機でローンカードを受け取ります。

ローンカードを受け取ったら、無人契約機の隣に設置されているATMから借り入れができます。
 

申し込みの際の注意点

審査の際に職場に電話で在籍確認が行われます。

休日に職場が無人になる場合には、事業所名が記された健康保険証や直近数ヶ月分の給与明細を提出することで、在籍確認として認めてもらえる場合があります。

また、消費者金融では申込者の希望に合わせて、相談に乗ってくれる場合があります。
 

大手消費者金融などの中には、インターネット申し込みのあとに「在籍確認なしにしてほしい」と電話で相談すると融通をきかせてくれるところがあります。
引用:在籍確認なしで借りられる?電話連絡なしで審査するポイント|lapl[ラプル]

 
ちなみに一部のネット銀行でも即日融資に対応しているカードローンサービスがありますが、事前にその銀行に普通預金口座を開設しておく必要があります。
 
これに対して大手消費者金融であれば、各社とも休日を含めて新規の申し込みで即日融資のサービスが利用できます。

You may also like...